p2

気功と好転反応

好転反応(病から~健康体への目安)

*不治の病(長期に渡り原因不明の病)とは!

長期に渡り原因不明の病にかかり、現代最高診療医学で精密検査を、其の為の最善の治療を続けても、一向に快復改善の兆しが見られず、快復・将来の夢・希望も失い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな患者からの話を良く聞きます。MR・CTスキヤン・レントゲン等の最先端医療器械での検査結果でも、原因不明の病は数多く報告されております。

こららの患者さんは、1生涯快復のあても無く病との闘いが始まります。
この患者さんにとっては、死の宣告とも云えます。

*病の発病には、必ず其の原因が有りますが、難病程判り図らいのです。
*解決は原因の追究・治療法の探求です。
*西洋医学で原因不明の病は、患者様は、他に東洋医学・漢方薬・サプリメント・針灸・指圧・整体・気功等に縋り、快復を願います。此れは生死に関わる大変な事です。(わらにも縋る重いです)・出来れば少しでも病の進行を抑えたい(痛み・痺れ・体力低下・抗がん剤副作用等)・延命。

OK式気功の新療法

まず身体全体(5体)・(頭部・胸部・腹部・腰部・手足部)から診療を始めます・
病の原因を追究し、的確な快復改善診療を行います。

*今まで体験の無い反応が、体内より生じて、体内の秒巣の原因要因を緩和します。始めが大切です、3~5回と継続診療で体内毒素等(好転反応)が取り出されて少しずつ元の元気な健康体に近づきます。好転反応は時と症状に寄り最大の痛み・柔らかな痛み・痺れ等様々です。先ずは体験から!!

気功診療と好転反応

*初めて診療を受ける方に
大切な事は、初回診療で止めて仕舞いますと!
初回診療で体内の病巣を体外に出す為の、体内調整が働き、此れにより少し身体が軽く快復の兆しが見え始めても・・・又・・・(好転反応)元に少し戻ります。

*症状によっては、診療前より悪く感じる場合もありますが?これは?それだけ体内に病巣の元が潜んでいた事になります。(免疫・血液・神経等弱く)
始めは、月4回位続ける事が重要です。2回~3回と回数と、共に快復の兆しが見えて来ます。1回で止めますと!何の効果も無く!回数を重ねれば改善されるにも、大変に残念です。病は数年~数十年にも渡り、悩み・苦し出来た訳ですから!診療も先ずは、半年~1年と諦めないように、受ける側と診療を行う側との信頼関係が大切です。

*長い間原因不明の病で日々の暮らしに於いても、痛み腫れ・不眠・歩行困難・その他の症状で・・・・初回気功診療は、今までに無い何らかの反応・変化等が見られますが!これは、身体全体の体内バランス調整です。症状により(好転反応は大変強く~弱くと)人様々です。一時的な快復です。先ずは初回診療で難病快復改善はありません。・・・続ける(2回~3・4・5回・・・)事により、症状に少しずつ変化が現れてきます。初回診療で少しは良くなりますが!又!

病の快復と好転反応

*診療時間は約2時間です。
*5対満足・身体全身の調整の為です。
*身体全体の神経(リンパ・甲状腺)・血液(静脈・動脈)の血行促進を計り此れにより、体内の体温も上昇・心地よい状態で診療するように努めます。(余り自分を過信しないで、自己健康管理を)脊椎系統・各関節痛(頭部・首部・胸部・腰椎部)・(バランス)
*自律神経の働きを調整・免疫力を高めて身体全体の増強力。自律神経の働きが低下、乱れて様々な体内に異変が生じてきます。
*頭部~胸部~腹部~腰部~両手・両足部と・・・全身の調整です。暫くすると、身体の部位で少しずつ反応。

(好転反応)

痛み(柔らく~激痛・ズキズキ等)・嘔吐・発熱・咳・くしゃみ・頭痛・倦怠感・等の症状が、症状と共に現れ事があります。好転反応全てでは有りません。この中の何点かが、症状により現れます。

*好転反応がある事は、体内の病から免疫力が増強して改善快復されている、良い目安です。
*診療時に於いて、今まで痛みの無い部分(各部、臓器等)から、体験の無いような、好転反応が現れる事もあります。

生まれてから長い年月に体内に体積した、病の(病巣)が解けて(体内毒素)等を取り除きます。

  • 気功の効果
  • 気功と好転反応
  • アクセス

OK気功院

栃木県小山市城北2-22-15 スターハイツ101

tel090-9804-8012

tel0285-24-7299